動画(mp4)から音声を抽出(mp3, wav) ffmpeg Python

スポンサーリンク
Python/DeepLearning

こんにちは!みやしんです。

今回は動画ファイルから音声のみを抽出する方法をご紹介します!

おおまかな流れとしては、FFmpegをダウンロードして簡単なコードを書けばOKです。

FFmpegとは動画と音声を記録・変換・再生するためのオープンソースのマルチメディアフレームワークです。

では早速やっていきましょう!

みやしん
みやしん

FFmpegってこの記事で使えるようにしておくと、他にも色々なところで使えるのでとても便利ですよ👍

適当な動画がない方はYouTubeからのダウンロードが簡単ですのでおススメです。

こちらの記事をご参考にしてみてください🤗

Udemy Business |  最先端のITスキルは実務を通じて学ぶ時代へ。社内水準を、世界水準に。従来のeラーニングや実地研修の常識を覆す、実践的な学びと圧倒的な低価格。IT人材課題で悩み続ける御社に、 Udemyが革新をもたらします。

スポンサーリンク

FFmpegのダウンロード (Windows)

FFmpegの公式ページからダウンロードします。

Download FFmpeg

上記のページへアクセスすると、Windowsの表示があります。

Windowsマークにカーソルを合わせると、下にタブが出てきますので「Windows builds by BtbN」を選択します。

すると、GitHubのページに移動します。

アクセスする時期でバージョンが異なります。

今回は、「ffmpeg-n4.4-latest-win64-gpl-4.4.zip」をダウンロードします。

たくさんあってどれを選べばいいか分かりにくですが、「gpl」と書いてあるものをダウンロードしましょう!あとWindowsなのでWin。

ダウンロードして解凍すると、下記のようなフォルダが出来ますので、管理しやすい場所に置いておきましょう。

FFmpegにパスを通す

ダウンロードしたフォルダの中を見てみますと、「bin」フォルダーがあり、

このbinフォルダーの中に実行ファイル(exeファイル)があります。

そのため、この「bin」フォルダーをPathに設定していきます。

自分のPCの場合は、「C:\Users\owner\ffmpeg-n4.4-latest-win64-gpl-4.4\bin」です。

続いて、パスを通す作業に移っていきます。

WindowsのDesktop下の検索アイコンから「環境変数」と検索し、「システム環境変数の編集」を選択します。

続いて、「環境変数(N)」を選択します。

「ownerのユーザー環境変数(U)」内にある「Path」をダブルクリックします。

①「新規」を押して②パスを入力③OK を押します。

パスは先程のbinフォルダーのパスです。

OKを押しましょう!

もう一回、OK!

これでパスを通すことができました。

FFmpegにパスが通ったか動作確認

パスが正しく通っているか確認をします。

コマンドプロンプトを開いて、

ffmpeg -version

と入力します。

エラーが出ず、下記のような感じで表示されたら無事にパスが通っています。

ffmpeg-pythonのインストール

pipの場合は、

pip install ffmpeg-python

condaの場合は、

conda install -c conda-forge ffmpeg-python

でインストールします。

サンプルコード

下記のサンプルコードをコピペしてお使いください😆

“input.mp4″と”output.wav”を適宜変えてお使いください。

import ffmpeg 

# 入力 
stream = ffmpeg.input("input.mp4") 
# 出力 
stream = ffmpeg.output(stream, "output.wav") 
# 実行
ffmpeg.run(stream)

Udemy Business |  最先端のITスキルは実務を通じて学ぶ時代へ。社内水準を、世界水準に。従来のeラーニングや実地研修の常識を覆す、実践的な学びと圧倒的な低価格。IT人材課題で悩み続ける御社に、 Udemyが革新をもたらします。

Python/DeepLearning
スポンサーリンク
記事が良かったらSNSでシェアを宜しくお願いします!
みやしんをフォローすると役立つ情報がいっぱいにゃ!
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました